先週土曜日に「省エネITを考える」という会( http://atnd.org/events/16124 )に参加して来ました。しゃちょうが喋るというのもあったのですが、まあ何か面白い節電ネタを収集できないかなあと思った次第です。
社長の発表では、個人的に勝手に測定していたML350G4p/ML350G5/ML350G63世代消費電力比較ネタ( http://blog.virtualtech.jp/ouchi/818 )や、前日の金曜日の夜に実施した社内サーバーのML350G5 to ML350G6サーバーリプレースによる消費電力などの変化についての情報が早速資料として盛られていてビックリでした。
この勉強会の途中で何となくワットチェッカー的な何かの物欲が沸いて、ネットを徘徊したところ、ワットチェッカーを販売しているサンワサプライから、ワットチェッカーの簡易版みたいな形で、型番的にも続番になっている「ワットモニター」というモノが出ているとのこと。評判はさほど悪くはないようで、しかも2,990円送料無料で買えるとの情報も発見して即ポチ!パソ電から購入しましたが、週末特価か何かだったらしく、今では3000円ちょいの値段になっていて、Amazonで同じショップがほぼ同じ価格で販売しているようです。

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8
SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8
posted with amazlet at 11.06.07
サンワサプライ
売り上げランキング: 65

そして、今さっき到着したので、手元の小型扇風機を早速チェックしました。
f:id:Akkiesoft:20110607110022j:image:w450
11.7W。小数点表示できるのはイイですね(ワットチェッカーでは小数点は出なかった……と思う)。
表示は色々切り替え可能ですが、恐らく日常的に使うのは写真に出ている「1日あたりの推定電気代」と「現在の消費電力(W)」の2つでしょうか。ほかには累計の電気代、Kwh、CO2などが計測・表示できます。
自宅でも色々計測して遊んでみよう。